便利第一のカードローン

顧客を厳選しているのが特徴

カードローンの中にはVIP待遇と呼ばれる商品があります。このVIP待遇というのは審査基準を高く設定し、顧客を厳選しているのが大きな特徴となっています。安定した経済力を持っている方のみに特化していることから、金利を低く設定することが出来るのです。

 

どの程度の低金利かと言いますと、3%程度からで、どんなに高く設定していても15%未満で借りることが可能となります。このような低金利ローンというのは、一般的に銀行が取り扱っている傾向にありますが、VIPローンに関しましては信販会社でも提供をしています。

 

他にもVIPと言われているのには理由があります。利用することによって豊富な特典をもらうことができ、使わなかったとしても持っているだけでお得を得ることが出来ます。例えば宿泊施設を割引価格で利用することが出来るなど、通常のカードローンには付帯されていない特典が付いているのです。

 

簡単に言えば低金利のカードローンに、クレジットのゴールドカードをセットにしたようなサービスとなります。年収基準については600万円以上など、通常よりも高く設定されており、経済的に余裕を持つ方で無ければ利用することはできませんが、それだけにステイタス性は高くなっています。

 

クレジットカードのゴールドカード以上でプラチナカードレベルのステイタス性があると言っても決して過言ではありません。VIPローンというのは限度額も高く設定されており、500万円を超える融資額に設定しているケースもあります。

 

しかし信販会社が提供しているVIPローンに関しましては、総量規制の対象となってきますので、もし500万円を融資してもらおうと思ったら、医師や弁護士、自営業、会社社長・役員などといった、かなりの高額年収の方でないと難しいです。

 

年収の目安としましては1500万円以上が必要で、例えば800万円を借りるためには、2400万円の年収が最低条件になりますので、VIPローンだからと言いましても無条件で高額融資が可能になるワケではありません。


ホーム サイトマップ