便利第一のカードローン

年収はその人の返済能力に直結する

カードローンの審査において大事になってくるのはやはり年収となります。年収というのはその人の返済能力に直結することになりますので、ローン会社は必ず一番にここを確認することになります。

 

しかし、年収があればどのような人でも融資をしてもらえるワケではありません。借りたお金というのは毎月決まった金額を返済していくことになりますので「収入の安定」がポイントとなります。そのことから、現在の会社にどの程度の年数を勤めているのか、またマンション住まいの場合はどれくらいの期間住んでいるのかなどといった「収入の継続性」を測る項目が重要視されることになります。

 

ですので、年収が低かったとしても勤続年数などが高いようでしたら審査に通るのです。それとは逆にお給料がよかったとしても、会社への勤続年数が3ヶ月未満だったり、まだ勤めたばかりという場合には審査に落ちてしまうことも考えられます。

 

そして審査基準の一つとして考えられているのが家族構成です。既婚者でしたら家族を養う義務と責任もありますので、会社からもそれなりの手当てをもらっていることになります。つまり所得が多くなりますので、既婚者の方が審査に通りやすいとも言われています。しかし、これはあくまでも一つの目安となりますので確実なことではありません。大切となってくるのは安定した収入を得ているかどうかということなのです。

 

既婚者であったとしても安定した収入を得ていない場合、審査で落とされてしまう可能性は十分に考えられます。しかし、年収などが全て同じだった場合には、既婚者の方が若干限度額が高く設定される傾向にあります。

 

カードローンの利用に最も大切なのは信用問題です。簡単に言えば「お金を返してくれるか」ということです。このことから過去にカードローンの利用実績があり、返済ステータスが著しく悪い時には、審査のマイナス材料となってしまいますのでご注意ください。


ホーム サイトマップ