便利第一のカードローン

消費者金融のキャッシングの利用者

消費者金融のカードローンを利用している人というのは現在1455万人いるようです。なんと20歳以上の人口のおおよそ7人に1人の割合となります。このことから予想以上に多くの人がカードローンを利用していることがよくわかります。しかもこの数字というのは大手消費者金融だけの数字となっていますので、中小消費者金融の数字は含まれていません。

 

また、カードローン利用者の男女比率についてですが、概ね7:3から6:4程度となっており、やはり男性の利用者の方が多い傾向にあります。ただし、近年になって女性の利用者も増加してきており、各社とも女性専用プランなどを取り扱うようになり、女性の獲得に力を入れ始めていますので、やや6:4に近くなっているのかもしれません。

 

利用者の年齢層を見てみますと20代が最も多く、その次が30代と年齢が上がるにつれて減ってくる傾向にあります。月収についてですが30万円未満が大多数を占めており、職業は一般的なサラリーマンやOLが多くなっていますが、自営業、主婦、学生まで幅広い層で利用されています。

 

大手消費者金融における新規申込者の契約率としましては、各社とも概ね60〜70%前後といったところです。この数字で「あれ?意外と低いものだな」と思った人もいるかと思いますが、逆に「そこまで高いの?」と驚いた人もいるかもしれません。多少強引なことかもしれませんが、ここでどのように感じたかによって、貴方のカードローンの利用度がわかってしまうかもしれません。

 

全くカードローンを利用したことの無い人にとりましては「結構断られるものだな」となり、カードローンをかなり利用されている人は「そんなに借りることが出来るの?」となります。つまりまっさらな人から多重債務の人まで含めて3人に2人が契約していることになります。

 

そして大手消費者金融の初回平均貸付額については、概ね15〜20万円となります。これは契約時の限度額の平均では無く、新規契約者が初回に融資を受けた金額の平均値となります。


ホーム サイトマップ