便利第一のカードローン

短期間で返済したほうが利息が減る

住宅や自動車、教育に関するローンを今ままでに組んだことのある方でしたら、短期間で返済をしてしまった方が利息が減ることをご理解しているかと思います。このようなことがカードローンにも共通していることとなりますので、融資を受けたらなるべく早く返済することが大切です。

 

カードローンの場合におきましては、一年以内に完済をしてしまうのが好ましいと言われています。その他のローンよりも金利が高めに設定されていますので、3年や5年などといった長期間かけて返済をしていくのは避けたいところです。

 

消費者金融の中には、7年の返済に対応している会社もありますが、出来ることなら1年、長かったとしても3年以内には設定するようにしましょう。つまり高金利なローンほど、短期間で完済をする必要があるのです。

 

また1年以内の返済プランに設定することによって、利息の計算がわかりやすくなります。100万円(金利15%)を1年間で完済するとなりますと、利息というのは8万円程度となのです。15万円が利息になると勘違いしてしまうかもしれませんが、毎月返済をしていくことになりますので元金は減っていくことになります。

 

元金が100万円の時には、その100万円に対して利息が加算されることになりますが、80万円にまで減ってくれば、その80万円に対して利息が付くのです。このことから早くたくさん返済をしていくことによって利息の負担を軽減することが出来るのです。

 

また早く完済をするために、追加で融資を受けないことが大切です。返済した翌日にまた借りるといった使い方を繰り返してしまうと、いつまで経っても限度額いっぱいまで借りてしまっていることになり、これでは元金は全く減りませんので、常に高い利息を支払い続けなければいけないのです。

 

返済をする度に元金がしっかりと減っていくことで、もっと早く完済したいと思うようになりますので、計画性を持って返済をしていくようにしましょう。


ホーム サイトマップ